K's Outdoor トップページへTop Page | キャンプ場 | キャンプ日誌 | スキー場 | スキー日誌 | BBS | BLOG | かべ紙

北海道 かなやま湖畔キャンプ場

南富良野町振興公社のキャンプ場紹介→


広いフリーサイトが気持ちいい
場所
空知郡南富良野町字東鹿越 →GoogleMap
お風呂
徒歩で、かなやま湖保養センター(410円) 
料金
一泊:大人610円 子供240円。
バンガロー:2570円 (照明、電源有)
ゴミ
ごみ箱あり。分別収集。
トイレ
水洗トイレ3箇所あり。
サイト
湖岸に広大なフリーサイト
連絡先
管理棟 0167-52-3132
オートキャンプは不可。リヤカーで運ぶ。
オートキャンプ場はすぐ近くだが、湖岸から離れる。


かなやま湖畔キャンプ場はとにかく広い サイトの傾斜に注意

かなやま湖畔キャンプ場は、とにかくでっかいのが特徴。テント500張り、駐車上は800台収容とか。

こんなに広いので、となりを気にせず思いっきり大きくサイトをかまえよう。ただ、全体に緩やかな傾斜が多いので、なるべく平らなところを選ぶのが正解。平らかそうじゃないかで、随分と快適度が変わってくるので、要注意だ。地面は、芝生じゃないが、雑草が心地よい位に生えていて、いい感じ。

ここは、真夏でも夜には非常に冷え込む。真冬並みの気温を覚悟する必要有。盆地なので、昼間と夜間の温度差が大きい。本当に寒いですよー!夏の混雑期には、この広いキャンプ場が一杯になるらしいが、我が家が行った時には、快適だった。


近くに”北の国から”の麓郷の森

車で40km弱、40分ほどでTVドラマ"北の国から"の麓郷の森。

北の国から石の家
石の家

森の喫茶室

幻の魚イトウが釣れる

夜は寒いキャンプ場前にはすぐ金山湖が広がっており、幻と言われたイトウが釣れることもある(学生の時一度だけ釣ったことがある)。保養センター内には、大きなイトウの魚拓が沢山張ってあり、その気にさせてもらえる。春先(と言っても5月下旬?〜6月頭位)にはアメマスも釣れる。キャンプ場横の、インレットも好ポイントの一つ。ニジマスも居るそうでう。

テントのすぐ前でイトウが釣れるかもしれないって所が、すごい。夜釣りでフローティングプラグを使うのが主流でしたね。

出撃履歴

 

 

 

 

 

2015年8月修正
2012年7月更新
2011年3月少し修正/追加
2006年7月 少し修正
2003年5月 初版作成



トップページ | キャンプ場紹介 | キャンプ日誌 | 釣り日誌 | スキー場紹介スキー日誌 | かべ紙 | BLOGプライバシーポリシー
Copyright(C) K's Outdoor, All Rights Reserved.